FC2ブログ
http://www.mrs-kitchen.com

[category]  [all]  [archive]  [admin]
▼ 20180409[Mon]  2018.04.11.
昨夜はなかなか寝付けなかった。

と、いうのは、友達の話を思い出していたからだった。

病気の話 「癌の話」

癌と言ったって、、

この頃は治る人達が多い。

現にこの私だって治った🙇

でも、「癌ですね!」と言われた時のショックは

計り知れない。

遠くにいた息子より先に、まず1番に娘ナオに話した。

普段頼りない?ナオだったけど、、

別人のように頑張ってくれた。

いつもは引っ込み気味な彼女なのに、、

親も主人も居ない私には心強かった。
(ちょっと話がずれてしまいました)

その癌の告知の話がしたかったのです、

国民の2人に1人が癌にかかる時代なんでしょうか?

先生の告知の仕方に私は怒っているのです。《慣れすぎているのじゃないか!!》

友達に聞き返しました。

「本当にそんな言い方するの?」
「その後のフォローの言葉はないの?」って。

病気にかかるのは仕方ない!

で、告知されるのもしかたない!

でも、「あと、半年か1年ですね!」

なんて簡単に言って欲しくない。

現実を知ることは大切なことって事も分かっている。

でも、

先生だから納得させる優しい言葉が欲しい。

先生だからこそ、言える言葉があるはずだ!

なのに、本人の顔もみないで、パソコンのデーター

みながら、、!!😡

あーいやだなぁー。

聖職ともいう先生って職業なのに!

学校の先生もそうだ!

新学期が始まり子供達が学校へ楽しく行けるか、
どうかも先生にかかっていると思う!

どうか、
子供達が楽しく学べて、楽しく学校へ行けるような、言動を!!

とね!

なんだか、話が飛んでしまいました。が、、

先生は相手が人間なんだから、心して接して欲しいということです。

『追伸』
勿論、沢山のいい先生もいらっしゃいますよね。

では、お店の準備してきます。

〈今週の水曜日(11日〕からお店開けます。
お待ちしています。よろしくお願いします。〉


(アオイコ5才の作品が廊下一面に貼ってありびっくり!ちょっとあーちゃん嬉しそうでした。自宅の廊下です。)
09:32 | 日記 | 

03<  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >05



templete by*淀川宮戸